証券会社手数料比較!激安格安証券会社で株取引をしよう

これからインターネットでオンラインの株取引を始めようとする方、今使っている証券会社を変えようかと検討している方のための手数料比較表です。
この手数料はすべて「取引回数に関係なく、1日の約定代金の合計での手数料」です。オンライン取引で多くの方がこのプランを使っていると思われますので、この手数料を比較しています。
各証券会社により手数料がかなり違います。手数料は安ければ安いほどいいのですが、証券会社により株を売買する際の機能が違いますので、自分の取引の仕方に合った証券会社を選択するのが最もいいです。
私は手数料も一番安いライブドア証券をオススメしています


証券会社 手数料比較 比較・コメント
かざか証券
50万円以下 525円
50〜100万円 840円
100万円〜200万円 1155円
200万円〜300万円 1680円
300万円超 2100円
手数料が最も安いのがこのライブドア証券です。
2005年7月から今の手数料に下げました。満足度サービスNo.1のサービス・手数料に挑戦している証券会社ですので、今後もさらに手数料が安くなる可能性もありオススメです。
実際口座開設してみましたが、申込みから口座開設まで2週間程度でした。口座開設申込書と一緒に同封されている「プレミアムトレードパス」の申込書は返信しなくても口座開設できます
証券会社 手数料比較 比較・コメント
イー・トレード証券
50万円以下 525円
50万円〜100万円 945円
100万円〜300万円 2100円
300万円〜600万円 4200円
600万円〜900万円 6300円
900万円を超える場合は300万円ごとに2100円増しです。
100万円までは上記のライブドア証券とほぼ同じですが、金額が増えるとやや割高になります。約定金額が少ない人向けです。
1注文毎のスタンダードプランもあります。
証券会社 手数料比較 比較・コメント
丸三証券
20万円以下 無料
20万円〜100万円 1050円
100万円〜500万円 0.105%
500万円超 5250円
口座開設後2ヶ月間は株式手数料無料サービスがあり、株式手数料が無料になるサービスがあります。
証券会社 手数料比較 比較・コメント
コスモ証券
50万円以下 525円
50万円〜100万円 1050円
100万円〜300万円 2100円
300万円〜500万円 3150円
500万円〜1千万円 6300円
1000万円以上の取引は500万円増加毎に3150円が加算されます。2005年8月より現在の手数料に改正されました。価格帯が細かくなり、実質手数料が安くなりました。
また、左記のデイコースとは別にマンスリーコースがあり、50回コース10500円、100回コース21000円があります。取引によってはマンスリーコースがお得になります。
証券会社 手数料比較 比較・コメント
マネックス証券
300万円以下 2625円
300万円〜600万円 5250円
600万円〜900万円 7875円
手数料は300万円毎に2625円(左記)と約定毎に手数料を支払う方法の2つから月ごとに選ぶことができる。
ちなみに約定毎の最低手数料は1050円でそれほど得ではない。
証券会社 手数料比較 比較・コメント
トレイダーズ証券
50万円以下 2500円
50万円〜100万円 0.5%
先物取引や中国株も扱っています。
証券会社 手数料比較 比較・コメント
松井証券
10万円以下 無料
10万円〜300万円 3150円
300万円〜600万円 6300円
600万円〜900万円 9450円
10万円以下は手数料無料だが10万円以下の取引はほとんどないと思われる。
インターネット取引を始めた証券会社の中では老舗と言える存在だが、手数料を見ると他の証券会社に遅れを取り始めているのは明らか。
証券会社 手数料比較 比較・コメント
オリックス証券
600万円以下 3150円
以降300万円ごとに 3150円
3000万円超 31500円
1日定額コースの場合、600万円までは3150円です。900万円だと6300円となります。
約定ごとコースは735円です。
1日にたくさんの取引をする方にオススメの証券会社です。


HOME